平成25年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第1章 消費者の権利の尊重と消費者の自立の支援

第1節 消費者の安全・安心の確保

4 .消費者の安全・安心の確保のためのその他の施策

( 2 )消費生活用製品の分野におけるリスクアセスメントの普及啓発

経済産業省では、事業者が安全な製品を市場に供給するために、事前に製品安全に関するリスクの把握と評価を行い、製品の設計・開発・製造の各段階で反映させるリスクアセスメント手法について解説したリスクアセスメントハンドブックを作成(基礎知識編(2010年5月公表)と実務編(2011年6月公表))し、リスクアセスメントの普及・定着を図っています。

具体的には、各工業会を通じた周知を実施するとともに、関連団体の説明会等において当該ハンドブックを紹介し、また、企業の品質管理担当者向けのセミナーで当該ハンドブックをテキストとして使用しました。さらに、経済産業省ホームページ「製品安全ガイド」にダウンロード可能な形式で掲載しました。

2012年度には、事業者等における自主的な取組を更に促進させることを目的に、リスクアセスメントハンドブック等の紹介リーフレット及び重要なポイントを抽出して整理した手引きを作成しました。また、製造事業者、輸入事業者、流通事業者等の広範な関係者を対象に、国内3か所(東京、名古屋、大阪)において、これらハンドブックの内容を紹介するセミナー(計417人参加)を開催しました。さらに、消費者を対象とした製品安全セミナー(計13回)においても紹介しました。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード