平成25年版消費者白書

第2部 消費者政策の実施状況

第1章 消費者の権利の尊重と消費者の自立の支援

第1節 消費者の安全・安心の確保

2 .事故情報の分析・原因究明

( 6 )昇降機、遊戯施設における事故の原因究明、再発防止

昇降機(エレベーター、エスカレーター)や遊戯施設の安全性の確保のため、国土交通省では、「社会資本整備審議会昇降機等事故調査部会」において事故原因究明のための調査を行い、2012年度には「文京区内遊園地コースター部品落下事故調査報告書」等の4件の事故の事故調査報告書を取りまとめて公表するなど、昇降機や遊戯施設の事故原因究明と再発防止対策の検討を行っています。

2012年10月からは、事故再発防止のために必要な技術基準の見直し等を担当する職員を増員し、必要な技術基準の見直し等を進めています。

また、2012年10月31日に発生した金沢市のエレベーターでの死亡事故104)を受け、国土交通省では、直ちに「社会資本整備審議会昇降機等事故調査部会」において事故原因究明のための調査を行い、2013年2月には「石川県内エレベーター戸開走行事故調査中間報告書」を取りまとめて公表し、同様の事故の再発防止に向けた取組を進めています。

なお、前述のとおり、2012年10月に消費者庁に設置された消費者安全調査委員会は、エレベーター等の事故についても調査等の対象として選定し、事故の原因を究明するための調査等を進めています(「(2)消費者安全調査委員会の設置・運営」参照)。


104)

2012年10月、石川県金沢市の宿泊施設で、女性従業員がエレベーターに乗り込もうとしたところ、扉が開いたままの状態でエレベーターが上昇し、乗降口の上枠とかごの床部分の間に挟まれて死亡した事故。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード