平成25年版消費者白書

第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状

第3章 消費者問題の動向

第3節 財産分野に関する消費者トラブル

【インターネットに関する相談の年代別構成比】

 第3章で取り上げた主なインターネットに関する2012年度の相談について年代別に見ると、相談内容によって年齢層は様々です(図表3-3-12)。「アダルト情報サイト」は幅広い年代から相談が寄せられているものの、近年相談が増加している「オンラインゲーム」は20歳未満と30歳代が、「SNS」は20歳代の割合が大きく、若者からの相談が多く寄せられています。「インターネットオークション」、「スマートフォン」、「スマートフォン関連サービス」、「出会い系サイト」については、30歳代~40歳代からの相談が中心となっています。

図表3_3_12 インターネットに関する相談は、内容により年代別構成比が異なる

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード