平成25年版消費者白書

第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状

第3章 消費者問題の動向

第3節 財産分野に関する消費者トラブル

【「アダルト情報サイト」に関する相談も依然として多い】

「電子商取引」に関する相談のうち、最も多く寄せられる相談は「アダルト情報サイト」に関するものです。2012年度は前年度より減少したものの、6万3,763件の相談が寄せられました(図表3-3-8)。このうち、パソコン等を起動するたびに料金の請求画面が表示され、何度消しても同じ画面が現れるなどの「請求画面が張り付いて消えない」というトラブルは全体の約3割を占めています。また、最近は、インターネットを利用できる機器がパソコンや携帯電話、スマートフォンだけでなく、ゲーム機や音楽プレーヤー等多岐にわたるため、様々な機器から「アダルト情報サイト」を利用した相談が寄せられています。

図表3_3_8 「アダルト情報サイト」に関する相談のうち、画面に「請求画面が張り付いて消えない」トラブルが約3割

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード