平成25年版消費者白書

第1部 消費者行動・意識と消費者問題の現状

第2章 特集 高齢者の消費者トラブル

第1節 高齢者を取り巻く社会経済状況

【男性単身者や大都市在住者で「困ったときに頼れる人がいない」割合が大きい】

2011年度実施の内閣府「高齢者の経済生活に関する意識調査」において、性別・世帯構成別に「困ったときに頼れる人がいない」とした割合は、男性の一人暮らしで20.0%と他と比べ突出しています(図表2-1-7)

また、都市規模別で見ると、大都市在住者が5.0%と他と比べ多い結果となっています(図表2-1-8)

男性の高齢単身者は困ったときに頼れる人がいない割合が大きい

大都市の高齢者は困ったときに頼れる人がいない人の割合が大きい

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード