文字サイズ
標準
メニュー

河野内閣府特命担当大臣記者会見要旨
(平成28年1月4日(月)9:58~10:03 於)中央合同庁舎第8号館5階共用会議室B)

1.発言要旨

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
まず、今日は最初の閣議で、「一般職の職員の給与に関する法律等の一部を改正する法律案」及び「特別職の職員の給与に関する法律の一部を改正する法律案」の閣議決定を行いました。
昨年の人事院勧告に基づきまして、俸給月額及びボーナスの改定を行うとともに、原則として全ての職員にフレックスタイム制を拡充する内容になっております。特別職については、一般職に準じた改定を行います。
もう一つ、本日の閣議において、内閣府特命担当大臣加藤大臣から、交通事故防止対策の推進について発言がございました。私からも、警察としても各界各層と連携をして、地域の交通実態に即した総合的な交通事故防止対策を強力に推進してまいりたいという旨の発言をいたしました。一昨年と比べて昨年4人、交通事故死が増えるということになりましたので、こうした事態を重く受け止めてまいりたいと思っております。ただ、それでも4,000人を超える交通事故死ということで、本来、27年度は3,000人以下に抑えようというのが目標であったはずでございますので、目標と比べると1,000人以上多いということでございますので、これは何か抜本的に考えていかなければならないと思っております。
それともう一つ、全く私の所管ではないんですが、今日の閣議で外地特会、昭和19年度、20年度の朝鮮総督府ですとか台湾総督府ですとか南洋庁の特別会計の閣議決定を行いました。これは、私がムダボ、あるいは党の行革推進本部長として、あるいは衆議院の決算行政監視委員会の与党の筆頭理事として、早く出すべきだと、この5年ぐらいずっと言い続けておりまして、まさか自分が閣議決定で署名するとは思っておりませんでしたが、今日、閣議で決定をし、この国会に上程をするということになりました。非常に感慨深いなと思いましたので、所管外ではございますが、一言申し上げたいと思いました。
私のほうからは以上でございます。

2.質疑応答

朝日新聞の毛利と申します。
昨年の交通事故の死者数について、15年ぶりに増加に転じる結果になりそうなんですけれども、この目標を達成できなかった理由と、今後の対策についてお願いします。

いろんな理由があると思いますので、ここは警察としてもしっかり分析をまずしてまいりたいと思っております。なぜ4人増えてしまったかというのではなくて、やはり目標が3,000人ということですから、それに比べると1,000人以上も多いわけで、これはかなり相当抜本的に対策を見直していかなければならないと思っております。そこは、統計分析をするチームも今警察庁に立ち上げをいたしましたので、少し根本的に見直して対策をどうするかということは考えていきたいと思います。

そもそも目標そのものが難しいものであったというか、現実的に難しいものであったという考えもあったのでしょうか。

今、自動車というのは生活に不可欠なもので、これを禁止するというわけにはいかないのが現実だと思いますが、だからといって交通事故というのがそれなりの数あるというのを現実として前提として政策を考えるというのは、やはりおかしいんだろうと思います。目標をきちんと立てた以上、それに向けて最大限の努力をやはりしていかなければならないと思いますので、目標が高過ぎたと言うつもりはございません。やはりそれに向けて何をしていったらいいのかということは、少し真剣に考えていきたいというふうに思っております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方