文字サイズ
標準
メニュー

江崎内閣府特命担当大臣閣議後記者会見要旨
(平成29年11月24日(金)8:27~8:30 於)官邸3階エントランスホール

1.質疑応答

共同通信です。(中田記者)
22日に、沖ノ鳥島の北西の公海上に、アメリカ軍のC2輸送機が墜落したという話があります。大臣、米軍機の飛行に関しては安全第一という話をよくされていますけれども、こうした事故が相次ぐことについて、どのようにお考えでしょうか。

本当に米軍機の事故が最近多いですね。私どもは、特に安全面の確保を大前提として、これからも言うべきことは、関係省庁から言ってもらうことになります。そうした思いが強いです。

沖縄タイムスの上地です。
別件なんですけれども、沖縄県うるま市の伊計島のアートイベントの方で、シャッターの方に米軍の機体などが描かれた絵の方が、政治的な色合いが濃いということで非公開となっているんですけれども、一括交付金を使った事業で、そういう芸術と言っても、政治的だったり、米軍基地などが関連するような作品がつくられるということ自体の、不適切か適切かというお考えを教えてください。

主催者である市が判断されるのであり、私どもとしてはコメントを差し控えた方が良いと思っております。

一括交付金の事業としては、芸術と言っても、そういう政治的なものをはらんだものというのはどうお考えでしょうか。

まずは、市の対応かと思っております。

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方