板東消費者庁長官記者会見要旨
(平成26年11月26日(水)14:00~14:05 於:消費者庁6階記者会見室)

1.発言要旨

  それでは最初に私のほうから一点お話をさせていただきます。
  お手元にも資料を配らせていただいているかと思いますけれども、「インターネット消費者トラブル防止キャンペーンの実施について」でございます。
  消費者庁では、12月1日から1カ月間、「インターネット消費者トラブル防止キャンペーン」を実施いたします。
  本キャンペーンでは、インターネット取引における消費者の知識向上を図るべく、消費者庁ウェブサイト内にキャンペーンサイトを開設するほか、ウェブ広告を利用した啓発活動を行います。
  キャンペーンサイトには、消費生活相談が比較的多い、または社会的な関心の高い分野でありますインターネット通販、口コミ、それからサクラサイト及びオンラインゲームの4分野に重点を置いて、トラブル事例や注意すべきポイントなどを掲載いたします。
  また、ウェブ公告については、主要ポータルサイトにバナー広告及び検索連動型広告を出稿いたします。
  さらに国民生活センターやインターネット関連の事業者団体にも御協力いただき、各団体ウェブサイトへのリンクバナーの掲載、それから会員への周知、セミナーでの消費者への周知などをお願いしております。
  例年、年末は贈答品や冬物衣料の需要増加を背景に、特にインターネット通販での消費者トラブルが増加する時期であります。
  インターネットで取引をする際には、購入前に一呼吸置いていただいて、事業者の情報、商品やサービスの内容、支払い方法や配送方法などに不明な点や不審な点がないかを忘れずに御確認いただきたいと思います。
  以上でございます。


2.質疑応答

日本テレビの庭野と申します。
  今、お話のあったネット通販について、例えばどういうところに注意してウェブ上で見ていったらいいのかということがもしあればお願いします。
やはりさっきもちょっと申しましたけれども、事業者の情報、例えば所在地、それから連絡先、お手元の資料の最後のページのところにもございますけれども、そういった点をまず確認していただくということが非常に重要だと思います。
  そこにもございますけれども、よく模倣品、偽ブランド商品などが通販で届けられるといったようなケースというのが非常にございますので、値段の点とか、確認をしていただくということも重要になってまいりますし、それから届かないというようなケースというのもかなりあるということで、この配送方法あるいは支払いなどについても確認していただくということが重要になってまいります。
  いずれにしろ、トラブルが起きた場合には、当然のことながら、消費生活センターなどに御相談いただくということも重要になってまいります。
  インターネット通販は以上申し上げましたように、偽ブランド品が届いてしまったとかそもそも商品が届かないとか、あるいは期待したようなものが届かないといったようなケースがございますので、やはりよくいろいろな情報を確認していただくということが最低限必要になってまいります。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード