阿南消費者庁長官記者会見要旨
(平成25年8月9日(金)19:07~19:25 於:消費者庁6階記者会見室)

1.発言要旨

  こんばんは。私からは、カネボウ化粧品からの状況の聴取と当庁からの要請についてお話しします。
  本日、カネボウ化粧品の夏坂社長にお会いして、自主回収に至るまでの経緯と現在までの対応状況について、直接御報告をいただきました。
  回収状況の件数等につきましては、既に厚生労働省及びカネボウ化粧品から公表されているところです。
  私からは、カネボウ化粧品に対して、今般被害を受けた方に対し、学会等と連携をして被害者の治療、補償等の適切な対応をしっかりと行うこと、そして、既に始まっています外部専門家による第三者調査というもので徹底的な原因究明を行い、社内での情報伝達・共有体制の見直しも含めた再発防止策を明確にすることをお願いいたしました。これに対して夏坂社長からは、第三者調査による報告がまとまった段階で当庁にも報告したい、消費者の信頼を取り戻すために、引き続き消費者に向けた適切な対応に取り組むとともに、再発防止をより一層進めていくとのお返事をいただきました。
  さらに、これまでもお話ししていたとおり、消費者庁から厚生労働省にあてて当該薬用化粧品に係る事故について、使用実態を踏まえた原因究明と再発防止のための調査の実施と調査結果の提供について、昨日、正式に依頼をいたしました。
  最後に、消費者の皆様に一言です。今回の白斑症状については、回復してきている例も報告されています。ネット上では、様々な治療法等の情報が出ているようですが、まずはカネボウ化粧品や消費生活センターに相談してください。また、日本皮膚科学会が公表している医療機関等の情報を御覧いただき、医師の治療をしっかりと受けていただきたいと思います。
  以上でございます。


2.質疑応答

読売新聞の崎田ですけれども、今日、社長が来られた経緯ですが、どういう理由で来られたのか、消費者庁が呼びつけたのかどうかを聞かせてください。
カネボウ化粧品からは、これまでも定期的に報告を受けておりますので、本日、私もお会いをしてお話を伺った次第です。夏坂社長御自身も何回かいらしていただいております。
結局、消費者庁のほうで今日来てくださいというふうに言ったのかどうなのか。
それはお願いをしました。
社長は何度も来ていらっしゃるのですか。
そうです。
この件で。
そうです。これまでの状況報告もありまして来ていただいています。
そうなると、実際何回来たのかということと、今まで来たのと今日来たのでは何か違いはあるのか。
何回来たかについては、後ほど事務方に聞いてください。この前の記者会見でもお話ししましたけれども、これまでの公表に至るまでの件数ですとかについて、なぜそうなったのかということについてお聞きしたかったということと、まだ7月28日までの対応状況しか受けておりませんでしたので、それについても御報告をお願いしました。
多分そのときに、社長のほうは何か陳謝というか、消費者庁に対して、あるいはほかの役所に対しても何か御迷惑をおかけしましたとか、その辺の説明はあったのでしょうか。
消費者庁には、7月4日時点で寄せられていた白斑トラブルが39件であると報告されていました。しかし、昨年10月にも皮膚科医から指摘された2件があったと報道されていましたので、なぜそのようになったのかということについてお聞きしました。夏坂社長からは、「昨年10月の皮膚科医からの指摘を結果的に見逃していた」、「それは大変に悔やまれることであり問題であったと認識している」とのお話がありました。それで、私からは、この点も含めて、自主回収に至るまでの経緯について、第三者調査での社内の情報共有、そして伝達体制の検証をお願いしたということです。
一応確認です。先ほどおっしゃった、「結果的に見逃していて大変に悔やまれる問題であったと認識している」という発言、これは夏坂社長の発言なのですか。
そうです。
その場は、阿南長官と社長と、あと大臣がいらっしゃったわけではないのですか。
いらっしゃいませんでした。
消費者庁側のトップは阿南長官ですか。
はい。
すみません、先ほどおっしゃっていた去年10月の2件について、具体的にどうして見逃してしまったかという発言もありましたか。
見落としていたという発言だけでした。
関連についてですが、夏坂社長のところに10月の報告は、社長自身は御存じだったのでしょうか。
そこについては聞いておりません。10月にあったその件がやはり白斑の症状であったということについては、7月20日に指摘を受けて、そこで初めて社長は気づかれたと、白斑と認識するに至ったということでした。
朝日新聞の兼田です。
  今の経緯についてお尋ねしたいのですが、7月20日にカネボウは、どこから、どういう指摘を受けて調査をして、それは白斑の症例であるというふうに社内で再調査をした結果確定したのかというのは。
それはカネボウさんに聞いていただければと思いますが。
7月20日からは、どちらからの指摘ということになりますか。
学会だと思います。
あとは、この経緯に絡んでなんですけれども、7月20日にそういう指摘があって社内で再調査をした結果、白斑だという認識が社内であったというにもかかわらず、この間いろいろ報告を求めていたり、コミュニケーションをとってあったにもかかわらず、消費者庁のほうに報告がなかったり、あるいは報道で明らかにされるまで公表しなかったという企業の姿勢についてはどのように感じていらっしゃいますか。
カネボウさんが、7月4日に公表したその後にいろいろな事例が次々と何千件も来たそうで、10月の件もその中の一つとして確認をしていたということだそうです。そして、次々と白斑事例であると認識するに至るという経過をとっているとおっしゃっていました。
それはそれでわかるのですけれども、決定的にほかのものと違うのは、やはり初動に関わる、被害の広がりに関わる重大な情報なのですよね、これ。昨年10月で設けていたか、設けていないかというのは、これは結果的にわからないわけですけれども、重要な端緒であったということで今回問題になっていると思うのですが。そうした情報が、要するに、7月20日の指摘で調べた結果、やはりそれ若干症例があったというふうに社内で認定できるようになって、それをなぜ役所なり、あるいは公表という手段で世の中に示さなかったのかということについてはどのように感じますか。
それは今申し上げましたように、それを、たくさんあった見逃した事例の中の一つと考えていたとおっしゃっていました。
カネボウはそのようにおっしゃっていたとして、長官御自身はどのように。
この前申し上げたのと同じですが、10月の時点でそれがきちと把握されて、白斑であることが認識されていれば、もっと早い対応ができたのではないかと思います。
あともう1点ですけれども、今回見逃してしまった一番の理由としてカネボウが挙げているものですが、アレルギーのパッチテストの結果が返ってくる回答の中で所見として書かれていたことだと、だから、いわゆるアレルギー性皮膚炎としか認識できなかったと、当時の担当者が、という言い方で説明をしているのですが、その当該の地方の医師というのは、これは特異な症状ですよというふうに繰り返しやりとりの中でカネボウに説明したとおっしゃっていて、さらに、「学会でも報告します」という報告をわざわざ入れたり、繰り返しカネボウ側にアラームを鳴らしていますよね。にもかかわらず、結果的に放置されてしまったということのほうが重いと考えていまして、そういう「アレルギー性の皮膚炎としか当時考えられなかった」という説明は、長官自身は腑に落ちていますか。
その辺は、私も把握はできなかったというお話を聞いただけなので何とも申し上げられないですね。
ありがとうございます。
日経新聞の小川と申します。
  回収を始めてから1カ月以上経っているのですけれども、この段階で今日改めて社長、改めてというか、長官と社長がお会いになるのは今日が初めてだったのですか。
消費者庁の担当者は今までも報告を受けていたので会っています。
今日この段階で改めて直接お会いされた理由というのは何なのでしょうか。
私もいろいろな報告を受けておりますが、10月の事例も含めて、もっと早い対応ができなかったのかということについては直接お話を伺いたいと思いましたので、今日参加しました。
厚労省で全国に対して他社製品でも同様の事例がないか調査を進めているのですけれども、これについては消費者庁で大体現時点でどのぐらい把握されているのか。
他社製品のところですか。
はい。
消費生活センターにカネボウ化粧品以外の製品による白いしみと白斑に関する申し出が寄せられていることは事実でして、多数寄せられているということです。しかしながら、この申し出の中には、カネボウの自主回収に関する各種報道の影響で不安に感じられた消費者からの申し出も含まれているものと消費者庁は考えております。現時点では商品との因果関係がわかっていないものがあるということです。それで、消費者庁としては、消費生活センターを通じて、そのお申し出された方に対して、より詳細な追加の聞き取りを進めております。そしてまた、厚生労働省においても、事業者への調査の指示をしておりますので、被害の有無が速やかに把握されるものと捉えております。
多数寄せられているというのは、大体どのぐらいなのですか。
多数というのだけ聞いております。
厚労省が、昨日は、多数は、今10件ぐらいという話だったのですけれども、10件ぐらいというのは、大幅になると違う可能性があるのでしょうか。
消費者庁では、今申し上げましたように事故情報の精査を行っているところですので、今ここで件数を申し上げることはかえって誤解を招くと考えますので、回答はできないです。
それは、他社製品で何か問題になる製品が出てくるようなそういうもの、ほかの製品で共通したような相談が出ているというようなことはないのでしょうか。
ほかの製品で共通しているようなものとは白斑とかですか。
そうです。白斑でほかの他社の製品で名前が出てくるような危険性はないのでしょうか。
それはわかりません、その情報を今精査している段階ですので。
それから、厚生労働省に求めた再発防止についての調査というのは、どのような見通しなのでしょうか。
再発防止の調査を求めております。それは消費者から寄せられた相談情報を踏まえて、承認を受けた医薬部外品でどうしてこのような被害が生じたのかということについて、使用方法や、一体どれくらい使っていたのかといった使用量などの実態を考慮した原因究明というものを要請しております。
それは原因究明ですよね。調査について、何の調査がありますか。調査もお願いしているのですよね。
原因究明の調査をお願いしているのです。
関連して質問です。調査というのは、誰の名前で、誰宛てに送っているものなのですか。
厚生労働省の今別府医薬食品局長宛に、消費者庁次長、山崎史郎名で出しました。
昨日付ということですか。
はい、そうです。
それ、なぜ次長名なのでしょうか。そういう要請の度合いに応じて次長名で出すとか、長官名で出すとか、そういう線引きがあるのでしょうか。
相手によるのではないかと思います。
時事通信ですけど、すみません、先ほど同様の相談について件数は申し上げられないということだったのですが、「多数」という表現だと、例えば、千とか万とか。
そんなにはなりません。
もし、事務方の方でも、今、大体どのぐらいというのを教えていただければ。
消費者安全課長
今おっしゃったような数字ほどではないです。
数百とか。
消費者安全課長
そんなにもなりません。

ページ上部へ


消費者庁 携帯サイト
携帯サイトQRコード