文字サイズ
標準
メニュー

江崎大臣の活動(フォトレポート)

  • 江崎大臣の「崎」は、正しくは立つ崎です。(環境依存文字による対応)

国民生活センター相模原事務所及び相模原市北消費生活センターの視察(平成29年9月8日)

(写真)冷感スプレーによる炎上・爆発被害の実験を視察する江崎大臣
冷感スプレーによる炎上・爆発被害の実験を視察する江崎大臣
(写真)相模原市北消費生活センターにて加山相模原市長(右端)から説明を受ける江崎大臣
相模原市北消費生活センターにて加山相模原市長(右端)から説明を受ける江崎大臣

平成29年9月8日、江崎大臣は独立行政法人国民生活センター相模原事務所と、相模原市北消費生活センターを視察しました。
国民生活センター相模原事務所の研修・宿泊施設では、大学生を対象とした消費者教育の研修現場を視察しました。また、商品テスト施設では、衣服の上から体を冷やす冷感スプレーの噴射(LPガスを使用)後に喫煙のライター等から引火して衣服が炎上したり車内でガス爆発が起きる事故など消費者の使用実態に基づく商品テストの現場を多数視察しました。
その後、相模原市北消費生活センターを訪問し、消費生活相談の現場を視察し、加山相模原市長から相模原市における消費者行政の現状について説明を受け、意見交換を行いました。
江崎大臣からは「地域の相談窓口はまさに消費者の安全・安心の最前線であると改めて実感することができた」旨の発言がありました。

消費者庁及び消費者委員会設立8周年記念式(平成29年9月1日)

(写真)職員への訓示を行う江崎大臣
職員への訓示を行う江崎大臣

平成29年9月1日、江崎大臣は消費者庁及び消費者委員会設立8周年記念式に出席しました。
記念式では江崎大臣から、「常に課題の解決に向けて努力を重ね、創設時の理念を深化させなければなりません。どれだけ正義感にあふれても、力がなければ誰かの役に立ったり助けたりすることはできません。また、どれだけ力があっても、誇りや信念がなければ正しい力の使い方ができません。力愛不二の精神であります。職員各位におかれましても、消費者行政の『舵取り役』として、消費者が主役となる社会の実現のため、使命感を持って現在の職務に邁進していただきたいと存じます。私自身も担当大臣としてその先頭に立って取り組んでまいります。」との訓示が行われました。

大臣引継式と職員への挨拶式(平成29年8月4日)

(写真)大臣引継式
大臣引継式
(写真)職員への挨拶式
職員への挨拶式

平成29年8月4日、松本大臣から江崎大臣への引継式と、職員への挨拶式が行われました。
江崎大臣からは、「全国津々浦々、国民一人ひとりの安全で安心な暮らしの確保に貢献できる消費者行政の実現を目指し、職員の皆様と力を合わせて取り組んでまいりたい。」との発言がありました。

注目コンテンツ

消費者の方

行政・消費生活相談員の方

事業者の方